パソコンはSSDと、ハードディスクはどちらの方が良いの?

SSDとハードディスクドライブはそれぞれメリットとデメリットとがあります。
特徴をつかんで必要に応じて使い分ける必要があります。
まず速度に関する比較ですが、SSDのほうが速いといえます。
ハードディスクドライブに限ったことでありませんが、回転しているということは、情報のある部分に到達するまでに一周しなければならない事があります。
これに対してSSDでは必要とするデータにすぐアクセスできるため、データの読み書きは非常に早いといえるでしょう。
SSDがハードディスクに勝っている点としては、省電力であるという点でしょう。
ハードディスクドライブは中でディスクが回転しているわけですから、モーターを使って回転させるという物理的なエネルギーを消費しています。
これに対してSSDでは物理的に回転するものはありませんから消費電力は非常に少ないといえます。
ですからパソコンの中でもノートやモバイルに適していると言えるでしょう。
ハードディスクが優れている点としては、まずコストがあります。
情報量当たりの価格はハードディスクのほうが圧倒的に優れえていると言えます。
また、実績についてもハードディスクのほうが優れているでしょう。
パソコンにSSDが使われ始めたのは最近のことです。
SSDが実際にパソコンに搭載されて販売されるまでには色々な実証実験がなされたとは言っても、実績で言えばハードディスクでしょう。
もしかすると致命的な不具合が見つかる可能性もあるでしょう。
パソコン買い換え注意?選び方のポイント!【後悔しない為には?】