住宅ローンを組むためには生命保険も必要なの?

住宅ローンを組むためにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
頭金が無くても購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

がん保険って必要?生命保険見直し【医療保険でもいいのでは?】