NISAは健康保険に関わってきます!

普段、株式を運用している人で、証券会社の一般口座の源泉徴収なしを選んでいる人は、毎年確定申告で株などの利益を申告していると思います。
そして、前の年の申告の内容によって、国民健康保険の算出基礎も変わってきます。
自治体によって多少の違いはありますが、儲かっている人からは多くの国民健康保険料も取られます。
反面、証券口座のなかでも源泉徴収ありを選んでいる人の場合、確定申告はしない人も多いので、株式の譲渡益なども国民健康保険の算出基礎にはなりません。
当然ながらNISA口座で条件を満たして運用された結果の利益は非課税ですから、そもそも確定申告の必要がありません。
というわけで、NISAで出た利益は国民健康保険には影響を与えないという事になります。
NISA口座開設のおすすめ金融機関は?【証券会社人気ランキング】